農転・開発手続きセンター

当センターは、業務実績20年超の行政書士が在籍し、農地転用や開発許可などに関する手続きや書類作成を多数お取扱いしています。

「元農地を購入・整備予定。どんな許可が必要か知りたい」
「土地を購入する前に、家が建てられるか知りたい」
「相続した土地に住宅を建てたい」
「新しく事業所を建てたいが、場所の選び方がわからない」
「耕作をしなくなって何年も経つ土地を農地でなくしたい」
…など、様々なご要望にお応えします。

農地転用(許可・届出)申請

田んぼ、畑など、登記上の地目が農地になっている土地は、建物を建てたり整地して駐車場にするなどの農地以外の用途に使う場合、「農地転用」という手続きが必要です。
土地の場所や現在の状況によって、届出のみでよい場合もあれば、許可を取らないといけない場合も多くあります。
農業委員会との調整や周辺の土地の所有者からの押印の取り付け等を含めて一括で代行いたします。

ご相談のみでも、お気軽にお問い合わせください。

開発許可

それぞれの市区町村には定められた都市計画があり、市街地ではない場所が勝手に市街地化していくのを防ぐために、建物を建てるために開発許可が必要な地域があります。

場所によって、建築してよい階数や面積、建物の種類など、細かく定められています。
また、すでに建っている建物の増改築でも、開発行為許可が必要な場合があります。
土地の購入や建設、改築に向かう前に、都市計画法上問題がないか、専門家への相談をおすすめいたします。

ご相談のみでも、お気軽にお問い合わせください。

その他、関連業務

農地転用や開発許可の手続きのほか、
・建設業などの各種許認可
・法人設立の各種手続き

・契約書の作成
・会計記帳の代行
・経営相談
…といった事業のサポートのほか、
・相続手続き
・家計相談
…などの個人の方へのサポートも可能です。

それぞれの手続きにかかる費用、日数については、内容、お手元の資料や依頼主の方の状況によって異なります。詳しくはお問い合わせください

WEB問合せはこちらから

    お電話でのお問合せ

    受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

     

     

    ご利用の流れ

    (1)お問合せ・ご予約
    • まずは電話で大まかな話をお聞きした後、ご相談の予約日時を調整します。
      (WEBからのお問い合わせの場合、折り返しお電話いたします。)
    (2)ご相談
    • 新しい案件のご相談は、初回の20分まで無料です。
      簡単な内容であれば、可能な限り無料の範囲に収まるよう務めます。要点をまとめたメモをお持ちいただけると聞き取りがスムーズです。
    • 以後10分ごとに、1500円+税となります。
    • 関係資料があれば、お持ちください。
    • 内容によっては、他の専門職の紹介もできます。
    • ご相談のみのご利用も歓迎します。
    (3)ご依頼(ご希望に応じて)
    • ご相談の後、相談者様のご希望に応じて各種の業務依頼をお受けします。
    • 必要費用、その他の注意事項について、あらかじめご説明します。
      不明な点はなんでもお尋ねください。
    • 必要に応じ、他の専門職とのチーム対応も行います。
    • この段階でご希望に合わない場合は、ご依頼されなくても全く問題ありません。
    (4)完了
    • ご依頼の成果物やお預り書類をお渡しして、併せて手数料や実費などを清算させていただきます。

    WEBでのお問合せ

      お電話でのお問合せ

      受付時間 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

       

       

      後藤事務所について

      当事務所は、米子市内で20年以上営業している行政書士事務所です。現在は米子駅前に事務所を設置し、鳥取県西部エリアを中心に、建設業など各種許可のほか、経審・入札参加、各種補助金等の申請、事務代行、行政対応補助、経営相談など、さまざまな事業サポートを行っています。
      →事務所のご紹介はこちら